読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

・BRM927千葉600km顛末記

BRM
BRM927千葉600km喜多方 辛くも完走しましたが

後日、放っておいた仕事に追われて更新遅れました






今回は金木犀の香り漂う中を道の駅しょうなんまで自走

途中のコンビニでブルベ参加者に遭遇して暫し談笑

ワイヤレスのサイコンが動作しないと言うので見てみると

ライトとサイコンが隣り合ってる

「サイコンをライトから離すと動きますよ」と教えてあげました

私も同じことやってますからね~ 役にたててよかったです


スタート地点では数人の方とご挨拶

随分知り合いが増えました、でも名前知ってる人って少ないんですよね



深夜のブリーフィング

今回は第2ウェーブの最後尾で車検を受けスタート

ところが振り向くと誰もいないじゃないの!

第3ウェーブはないらしい

最終走者です、最後尾です、ドンケツです・・・・・・

開き直って最後尾をのんびり行こうと決めます


筑波山麓でトイレ休憩&眠気覚ましにガムでも購入しようと立ち寄ったコンビニで

ケイさんに遭遇し暫し談笑します

いつもの落ち着いた口調でしたが、意気込みを感じました

今回はクロモリではなくカーボン車でしたしこの後お会いすることがなかったので

私よりずっと速く走り抜けたのではないでしょうか


暗い間は淡々と進むことだけに集中

朝日が上がってからは完全に旅モードへ突入

時間は気にせず、景色の良いところや興味惹かれた場所に立ち寄ります

その割に写真ないんですが・・・・・・




随分飛んで福島県入り

こんな場所で遊びたいな~

勢至堂トンネル君、今回はこちらから通過させてもらうよ~

時間を気にせずいろんなとこへ寄り道した割に、PC3への到着時刻は13:30頃だった記憶がある

ここから裏磐梯までの中ボスはなんとか明るいうちにクリア


裏磐梯を通過中にパトカーの拡声器からはこんな声が

「自転車の運転手さん、自転車は歩道も通行可能ですよー」って

これって遠まわしに歩道走れって言ってるよね


そんなパトカーに追いつきそうになってしまったのでコンビニで休憩

ここで、昨年の千葉600km裏磐梯で転倒DNFした方に遭遇

すっかり元気になられたようで、坂道もグングン登っておられました




そうそう、裏磐梯には去年の宇都宮600kmで思いっきり寝過ごしたバス停がある

隣は交番、向かいはコンビニ、ドアが閉まる静かで良い宿でした


暗くなった頃に土湯の大ボスを越えて岳温泉までの下りは凍える寒さ!

体が震えすぎて自転車まで揺れる・・・・・・

せっかくの下りなのに全然速度を上げられませんでした

PC4へ到着すると皆震えながら暖かいものを胃に押し込んでました


ここから先はペースの合う方たちと共に仮眠の地(道の駅ひらた)を目指します

とりあえず仮眠をとり、石川広域農道へ挑む準備です

そして皆で隠れボスの石川農道にやっつけられるのです

果てしなく続くかのようなアップダウン、

下りで勢いつけて登ろうと企んでも下りきると止まれだったり・・・・・・

やっと下りだと思ったら濃霧・・・・・・

ここさっきも通ったかもと疑心暗鬼になったり・・・・・・


ポツリポツリと見えていたランドヌールの尾灯が徐々に近づき合流

こんな状態が続き最高5、6人で走った区間があった気がします

その後は一人減り、二人減り

ついには寒い中道路端で仮眠する兵者もちらほらと、

次の戸中峠へ向かう頃には二度目の日の出、戸中峠は這うように進み

PC6着はタイムアップ30分前

残念なことに、ご一緒することが多かったパントの方がパンクが原因でタイムアウト

時間にして数分のオーバーですから悔しかったと思います


一方私はといえば、ここまで来たらあとは100kmちょっとの距離なので気持ちにかなり余裕ができ

PC6でのんびりしたあとは、苦手なキューシートだけを見ながらの走行

途中でゆっくり過ぎてタイムアウト? と考え始めますが

特にペースアップすることもなくPC7着 知ってる店員さんだったのでご挨拶

ゆるりと走り無事ゴールしました

時間は39時間30分くらいだったと思います



さてさて、今週末はBRM1004宇都宮600km牛久発です

ゆるりと走ろうと思います

AJ宇都宮のコースですから、ゆるりと走れるわけがないのですが