読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

・狩猟免許試験

ついに狩猟免許(第一種銃猟)試験の日を迎えました

先に受講した予備講習から約一週間

自転車 アニメ お昼寝を断ち、お仕事は断てないので程々に

真面目にお勉強したつもり  





早起きして試験会場へ向かうも先週同様お腹の調子が悪く

コンビニでトイレを借りることに

今回は1回だけの寄り道で大丈夫だったので先週より良いけど

最近早起きするとお腹の調子が悪くなる

お腹のことは予想済で1時間余裕をもって出発してるので

試験には問題なしだけど気になるな~




またまた来ました狩猟者研修所、本日は宜しくお願い致します

今日も先輩方が「ズドーン!」とブッ放してます

こんな要領で進みます

決められている自分の席に座る

お隣はわな免許の方、同じ免許同士が隣り合わないようにしてるみたい

周りを見渡すと先週の予備講習より人数が少ない、今回試験を受けない方々も一緒に予備講習を受けてたのかな

回答の記入方法等の細かな説明を聞いた後はいよいよ試験

9:45 知識試験開始

30問の三択問題(合格点数70点)に挑む!

真面目に勉強した甲斐があり10分で完了

10:15までは退出できないので丁寧に見直し、一箇所勘違いしていた部分を発見!

鳥獣の大きさの問題を間違ってました~

これで自信満々の全問正解のはずです

結果発表までのなが~い待機時間は射撃の合間で休憩していた先輩猟師の方にいろいろ教えてもらいましたよ

狩猟のことについていろいろ、沢山教えていただけましたが

午後からの不安だらけな技能試験のことをいろいろ質問してみると

答えのほとんどが

「昔はそんなもの無かった・・・」って




んで、結果発表  知識試験は無事合格

まずは一つ目をクリア

駐車場に戻り持参したお弁当を食べていると

目の前の林に放尿するお方が

ま、田舎では良くある事なんですがもっと遠くでできないものかね

なにもわざわざ目の前じゃなくても良いじゃん!



午後からは適性試験と技能試験

適性試験はなんだかいい加減、

聴力は名前を呼ばれたときに返事するだけ

運動能力は手を前後にグルグル回したり指を順番に動かしてニギニギしたり

屈伸ができない方が数名いましたが無事合格、足踏みなんかは試験官が手と足一緒になってたり

大らかと言うべきでしょうか もちろん全員合格です

正直「こんなんで良いの?」と思ってしまった


この運動能力は最終組だったのでずいぶん待ちました

もしかして「実は知識試験が不合格でした」って言われるんじゃないかと不安になったりもして

おかげで全員の運動能力を拝見することができました

視力検査も問題なく適性試験をクリア



後はいよいよ不安だらけの実技試験

試験官は予備講習の講師の方だ、ラッキー!

でもね、不安は見事に的中どころか予想を遥かに超えたりするわけですよ

装薬銃の安全点検からスタート

安全装置が機能してないのに引き金引いて「カチ」なんていわせちゃって

「安全装置異常なし」と言えない状態に

続く引き金の点検も一回引き金を作動した後なので動かず・・・・・・

「引き金・・・・・・ひ、ひ、ひけません」なんてとんでもない状態に陥りましたよ~

もう頭の中が真っ白で団体行動や銃の受け渡しなんかどうやって切り抜けたのか覚えてない

「俺、終わったな」的なことが頭の中にいっぱい


これで吹っ切れたんでしょうね、空気銃の操作と鳥獣の判別は緊張することもなく完璧にこなし

距離の目測なんて10、30、50、300mと順番に記入して試験終了

三つ目の技能試験は不合格の予感をヒシヒシと感じ、8月の再試験に向けて模擬銃を作って練習することを決意

小一時間ほど射撃を眺め、仕事を終えた試験官の方々と世間話の後

合否判定を見に行くと私の受験番号が燦然と輝いてました!

いや~良かった~~

同じグループだった方々も全員合格したようです

受験票に「合格」の印を頂戴し狩猟免許(第一種銃猟)の受験終了!



銃声が盛大に聞こえる場所なのにツバメのひなはスクスクと育ってました

複数の巣があったので人気の場所みたいですね

次は銃やロッカーの購入と所持許可なんだけど少し間が空きそうです

他にも保険加入や狩猟者登録なんかが必要、狩猟はまだまだ先だな~