読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

・ドライテフロンルブ、再びマイナーチェンジ?

チェーンオイルが少なくなってきたので追加購入

今更だけど商品名が変わってた

DRY TEFLON LUBE → DRY TEFLON BIKE LUBE

キャップのデザインも変わってたのね  





ショップで手にした時からキャップの違いに気付きましたが

開け方が分からない・・・・・・右がNEW

キャップを回すとクルクルと空回りするだけ

「押し下げて回す」と英語で書いてあるけど、締まるけど緩まない

バキッっと力ずくで分解

なるほど、新しいキャップの構造が分かりました

閉めるときは赤い部品の爪が白い部品に引っかかり回転します

緩めるときは思いっきり押し付けながら回す必要があります

なぜにこんな構造になったのか?

『小さな子供が開けることができないように』ということなのでしょうね

この構造では強く締めると緩まなくなりそうですが



キャップの開け閉め方法がわかったので清掃済みのチェーンへ注油

まずは振って撹拌します

が、振っても振っても液が透明・・・・・・

あれれ? 底に溜まる白い物体が大切な成分じゃなかったの?

撹拌後の比較、右がNEW

底に固まってるのかと思ってインシュロックを突っ込んでみますが白い物体はなし

私が使用している数年間で

サラッとした乳白色→ドロッとした乳白色→サラッとした透明

と変化してきましたが進化してるのか疑問

前回のマイナーチェンジは

商品の持続性、速乾性を高める為に、マイナーチェンジにより液体が白くなり、粘着力が高くなりました。

ってことだったかと思うのですが・・・・・・

注油したチェーンは、まるでワックスルーブのような感じに仕上がってしまいました


今度こそ不良品かもしれないので試しにもう一個買ってみようかな


待てよ、これはフィニッシュラインの罠なのか?